2010年04月29日

mail〜メール〜

作詞・作曲:町田 純一

学校では二人をお似合いだと
みんながからかってる
これじゃ目を合わすこともできず 窓とにらめっこ

会話するチャンスも活かせずにまた 君は通り過ぎる
気持ちなんてもっと解らずに
勇気が出ない


言葉足らずになる時は
メールで伝えてみようと
考えてるその瞬間に
君からのメールがきたよ


暖かい文字達に囲まれて
なんだか優しい気持ちになるんだ
素直に言い出せない「ありがとう」も 伝える事が出来るんだ

「好き」の後ろに付けた(笑)の文字は 冗談なんかじゃないよ
微笑む君を想像しながら
今日も返事を送るよ



放課後の教室二人の時間 会話も弾みだす
夕日色に包まれて
窓に映る二人


僕等を繋ぐ電波は
赤い糸のようなんだと
思っているなんて絶対に
君には内緒だから


君からのメロディーが鳴り出して 僕の心に流れ込んでくるんだ
強がりな君の「ごめんね」にも
くすぐられ僕も微笑んでる

過ぎる時間が現在(イマ)も一つずつ 思い出へと変わるよ
前のメールを読み返しながら
君の気持ちを確かめる



同じ気持ちでいつか向き合えたら なんだかちょっぴり寂しくもなるかな?
書き足した気持ち見つめてたら 突然君からのメールが着たよ


暖かい文字達に囲まれて
なんだか優しい気持ちになるんだ
素直に言い出せない「ありがとう」も 伝える事が出来るんだ

「好き」の後ろに付けた(笑)の文字も もぅ必要ないかな
微笑む君を想像しながら
今日も返事を送るよ

君の気持ちをまた確かめる
【関連する記事】
posted by ジェイシャープマイナー at 01:52| Comment(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。